脱毛してしまう期間

抗がん剤治療をスタートすると長い時間の戦いになりますが、まず脱毛が起きてくることが一般的です。薬の種類や量といったことで個人差が表れてきますが、治療開始から10日程度すぎると表れてくるようになります。副作用の部分ではありますが、抗がん剤治療が脱毛の原因のため、治療が終了すると、だんだんと発毛してくるところも特徴です。毛周期が絡んでくるため、半年程度はかかりますが、薄毛とは明らかに異なる部分でしょう。

抜けた髪髪が抜けるようになると、精神的に負担も増えてくるようになります。本当に大丈夫だろうか不安感も増すようになってくるのが問題です。精神的にも強いストレスがかかるようになるため、初めに髪の毛を見て自覚して精神的なダメージを緩和させることも必要になってきます。脱毛があまり気にならないようにできる方法ではありますが、一目が気になり、これが精神的な負担になってくるのも確かですので、医療用ウィッグの価値は非常に高いものになるでしょう。

精神的に負担が増えてしまうと、どうしても治療に不安感が伴ってしまうでしょう。これがさらに悪循環を呼ぶため、自然な風合いの医療用ウィッグを用意しておくのはとても価値が出てきます。その際には、長い時間装着することも考えて通気性の良いものを選んだり、残った頭髪量によってサイズが変わってくるため、調整できるものを選んでおくといいでしょう。

推奨サイト・・・医療用 ウィッグの販売サイト