長い時間の戦い

抗がん剤治療は、短期間では終わりません。長い時間を必要としますし、その間戦い続けることにもなるでしょう。その間に脱毛という大きな壁を経験することが多数あります。一度脱毛すれば、発毛を感じられるようになるまで一定の時間も必要となってしまうでしょう。この間の精神的な負担は相当なものになってしまいます。

体調不良他にも食欲の減退や吐き気を感じることもありますし、動機や息切れも起こしてしまうことがあるため、さまざまな変化を感じることになるでしょう。口内炎や足の裏に腫れが出てくるといったことも薬によっては起きます。まつ毛に影響が出るといったこともあり、さまざまな変化が精神的な負担となってくるのです。そこに脱毛という容姿の変化が加われば、苦しさを増してしまうことになるでしょう。

医療用かつらは長い付き合いになることから、メンテナンス性を考えておくことが必要になってきます。毛質によって違いがあり、メンテナンス方法も同じではありませんが、自分である程度ケアできることも大切になってきますので、どこまできるのかを考えて購入するのがポイントです。定期的なメンテナンスも重要になるため、アフターサービスも確認しておくことが必要になるでしょう